概要

マイコンにも色々ありますが,ここではAtmelのAVRというマイコンを使います. 比較的,扱いやすい8ビットマイコンです. gccが使えるので開発も楽です.BASICのコンパイラもあります.

今回は,ATMEGA88という型番のAVRをメインに使います.

これくらいのスペックでも色々遊べますが, もっとメモリが欲しかったら,ATMEGA64とかATMEGA128とかもあります.

開発環境の準備

まず,AVRにプログラムを書き込むための環境を.

ライタ

ドライバのインストールが必要ないHIDaspを作る.

hidasp01.jpg

回路図

hidasp.png

ソフト

ファームウェアと書き込みソフトは,千秋ゼミさんからダウンロードしてください.

Macな人は,書き込みソフトをHIDaspからダウンロードしてmake.makeするまえにlibusbを用意.

メモ

  • MISO,MOSIは交差しているので気をつけて
  • RESETのプルアップ抵抗は要らない気がしてきたので取りました
  • ZD1,2は無しで良い場合もあるけどThinkPad?等のUSBポートは受け付けてくれません
  • 書き込み対象にUSBから電源を供給したい場合はVccも適当に引っ張ってきて下さい
  • MacOS用の書き込みソフトが無かったりしますが,近いうちに公開します⇒公開しました
  • 配ったTiny2313にはファームウェアは書き込んであります

ケーブル

リボンケーブルをハンダ付けします.簡単ですが綺麗につけるにはコツが必要です.

hidasp02.jpg

  1. 被覆を剥く(ニッパで一気にいけます)
  2. 線をばらして予備半田
  3. 幅を上手く合わせて,先端を切りそろえる
  4. ハンダ付けして完成

hidasp03.jpg

反対側も同じ要領で.こちらは,二つに分けます. ピンが抜けやすいので,ホットボンド等で固めたほうが良いでしょう.

コンパイラ

gccを使います.

Windowsの人はWinAVRをインストール. 最新版より2006-04-21あたりのバージョンがお勧めかもしれない.

MacOSの人はOSX-AVRが便利です.

その他のOSの人はがんばって自分でavr-gccをmakeしてください. gccのmakeは大変なので,どうにかがんばってください.

total: 2430  / today: 1  / yesterday: 1  / now: 1

添付ファイル: filehidasp02.jpg 267件 [詳細] filehidasp01.jpg 307件 [詳細] filemega88-01.png 144件 [詳細] filehidasp03.jpg 268件 [詳細] filehidasp.png 298件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-22 (火) 17:13:02 (1372d)