C++講座 第2回

stringとかmapとか. 2008-05-27にやった内容です.

ここに書いてあるソースは全くチェックしてないのでコンパイルできないかも.

string

文字列を扱います.

stringを使うためには,

#include <string>

とします.

「+」でつないだり,「==」で比較もできます.

#include <string>
#include <stdio.h>
using namespace std;

int main(){
  string s1="hello,";
  string s2="world!";

  s1=s1+s2;
  printf("%s\n",s1.c_str());
  return 0;
}

map

キーと要素のペアを格納できます.

使い方は添字に数字以外が使える配列みたいな感じです.

#include <map>

としてインクルード.

#include <string>
#include <map>
#include <stdio.h>
using namespace std;
int main(){
  map<string,int> m;
  m["sango"]=20;
  m["safii"]=1234;
  m["ksk"]=987;
  //
  printf("safii: %d\n",m["safii"]);
  return 0;
}

Texts

total: 35372  / today: 1  / yesterday: 0  / now: 1

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-22 (火) 17:40:19 (1247d)